楽天スーパーSALEはこちら(~3/11 01:59)
ガジェット比較

【iPhone】iPhone15紹介・比較・おすすめ購入先・おすすめモデル

ガジェット
この記事はプロモーションリンクが掲載されています

こんにちは、tkgです。

本日iPhone15が発売されましたので、

性能を旧モデルと比較していき、

また、最安値やおすすめ購入先についても記載させていただきます。

Applewatchシリーズ9の紹介記事
スポンサーリンク

iPhone15ラインナップ・特徴

ラインナップ

iPhoneシリーズ
  • iPhone15
  • iPhone15 Plus
  • iPhone15 Pro
  • iPhone15 Pro Max

共通の特徴

タイプC

iPhoneシリーズ待望!

iPhoneからAirpodsやAppleWatchの
充電が可能になります。

SOSサービス

14シリーズでも搭載された、

衛星経由のSOSが拡大されたり、

ロードサービスの導入が発表されました。

ただ、日本は未対応なので、

現段階(2023/9時点)では
関係ないですね。

次世代ポートレート

次世代のポートレート搭載ということで、

自動ポートレート画像を取り込んで、

切り替える必要なかったり、

撮影後にフォーカスを別の被写体に
変更可能になってます。

第2世代超広帯域無線チップ

超広帯域無線チップの2世代を
搭載しており、

距離も3倍伸びてるとのこと。

40~50mくらいになるのかな?

なので友人を探すという
使い方もできます。

これは次世代のAirtagの搭載も
期待されてますね。

標準モデル

  • iPhone15
  • iPhone15 Plus

フレーム

背面にカラーを全体に埋め込まれた、

カラーインフューズドガラス搭載で、

頑丈でエッジをきかした曲線と
マット仕上げになってます。

ディスプレイ

14Proシリーズに搭載されていた、

Dynamic Islandが搭載されました。

ディスプレイは2000ニトで

前回から2倍の明るさとなりました。

カメラ

Proシリーズのみだった、

48MPカメラ搭載されました。

クアッドピクセルセンサーと

100%FocusPixels搭載で素早い
オートフォーカスも可能になりました。

iPhone15で解像度最大にすれば、

上記のような写真撮影も可能に。

明るさもアップしてるので、
よりディテールの捉えた撮影が
可能となってます。

チップ

iPhone15には、

A16チップが搭載されました。

主な特徴
  • 専用の画像信号プロセッサ
  • 16コアNeuralEngine
  • 5コアGPU
  • 6コアCPU

カメラシステム・処理を向上させ、

前モデルのチップと比べ、

20%少ない電力使用になりました。

カラーは5色で、

価格は799ドル(112,800円(税込))から。

前モデルとの比較

iPhone15と14の比較表です。

モデルiPhone15iPhone14
ボディ6.1インチ
Super Retina XDRディスプレイ
背面カラーインフューズドガラス
6.1インチ
Super Retina XDRディスプレイ
通信5G
4×4 MIMO対応5G
(sub-6 GHz)
Wi‑Fi 6
第2世代の
超広帯域チップ
5G
4×4 MIMO対応5G
(sub-6 GHz)
Wi‑Fi 6
超広帯域チップ
規格
(カメラ)
広角・超広角
シネマティック

モード
(4K HDR、最大30fps)
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影
広角・超広角
シネマティック

モード
(4K HDR、最大30fps)
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影
性能
(カメラ)
先進的なデュアルカメラシステム
48MPメイン、12MP超広角)
メイン:48MP、ƒ/1.6絞り値
超広角:12MP、ƒ/2.4絞り値
デュアル12MPカメラ
メイン:ƒ/1.5 絞り値
超広角:ƒ/2.4 絞り値
機能
(カメラ)
・0.5倍、1倍、2倍の光学ズームオプション
・オートフォーカスに対応した
TrueDepthフロントカメラ
・アクションモード
・Photonic Engine
・次世代のポートレート
・写真のスマートHDR 5
・超高解像度の写真(24MPと48MP
・0.5倍、1倍の光学ズームオプション
・オートフォーカスに対応した
TrueDepthフロントカメラ
・アクションモード
・Photonic Engine
チップA16 Bionicチップ
6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
A15 Bionic
6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
ビデオ再生最大20時間最大20時間
音楽再生最大80時間最大80時間
容量128,256,512GB128,256,512GB
ディスプレイ2,556 x 1,179ピクセル
最大輝度1,000ニト(標準)
ピーク輝度1,600ニト(HDR)
ピーク輝度2,000ニト(屋外)
2,532 x 1,170ピクセル
最大輝度800ニト(標準)
ピーク輝度1,200ニト(HDR)
15で追加機能・第2世代の超広帯域チップ
・USB-C
・Dynamic Island
※USB2に対応
サイズ
重量
高さ:147.6㎜
:71.6㎜

厚さ:7.80㎜
重量:171g
高さ:146.7㎜
:71.5㎜
厚さ:7.80㎜
重量:172g

大きくの違いは、

タイプC・48MPカメラ・
Dynamic Islandの搭載ですね。

Proシリーズ

チタニウムフレーム

Proシリーズでは
宇宙産業でも使用される、

チタニウムが搭載され、

より頑丈なモデルになりました。

かつ軽量化もされています。

構造フレームの変更で、

背面のガラス交換も容易になるとのこと。

  • iPhonePro14→15
    206g→187g
  • iPhoneProMax14→15
    240g→221g

約20gの軽量化になりました。

また、細い外枠で

サイズの縮小化をしています。

サイズiPhone15ProiPhone14Pro
高さ146.6 mm147.5 mm
70.6 mm71.5 mm
厚さ8.25 mm7.85 mm
サイズiPhone15ProMaxiPhone14ProMax
高さ159.9 mm160.7 mm
76.7 mm77.6 mm
厚さ8.25 mm7.85 mm

少しだけ高さと幅は
縮小されていますが、

厚さは増してますね。

アクションボタン

今までのiPhone搭載の消音スイッチが
無くなりました

変わりにアクションボタンが追加され、

長押しで消音切り替えるに加え、

複数のアクションから、

アプリの起動等の切り替えが
可能になりました。

チップ

Proモデルには3ナノ

A17Proチップが搭載されます。

性能コアは10%早くなり、

効率コアは3倍のワット当たりの
パフォーマンスを実現

NeuralEngineは2倍高速になり、

端末内の機械学習よって、

正確な自動タイプ入力や、

被写体の背景切り抜き機能、

パーソナルボイスを作成する機能が
向上します。

ProRes、ディスプレイエンジン、

高品質ビデオ体験できる
AV1デコーダを搭載する

専用エンジンが組み込まれています。

USBコントローラによって、

USB3の最大10Gbpsの転送速度を実現

オプションのUSB3ケーブルが必要

USB2より最大20倍高速になります。

48MP ProRAWを
すぐに転送できたり、

外部ストレージにProResビデオを
直接録画可能。

ProRes4Kの最大60fpsの撮影が可能とのこと。

空間ビデオなるものが撮影でき、

3次元ビデオの撮影を可能に。

これはAppleVisionProに
最適化されたものっぽいですね。

年末までに撮影可能とのこと

GPUを再設計し、

パフォーマンス、複雑なアプリ実行、
新たなレンダリング機能の追加を実現。

新たに、メッシュシェーディングを
搭載し、

ゲームにおいて、

より少ない電力で効率化を図っています。

レイトレーシングの導入で、

より光の反射や描写のリアルを実現。

ソフトウェアのレイトレーシングより、

よりはるかに高いフレームレートで
滑らかに実行できます。

エネルギー効率が高くなり、

A16チップのソフトウェアベースの

レイトレーシングに比べ、

最大4倍の速さを実現。

グラフィックも、

GPUとNeuralEngineの組み合わせで、

より省電力で高品質グラフィックを実現。

これによって、モバイルゲームの
可能性もさらに広がり、

より処理が大きいゲームの快適性や、

PCや専用機でしかできないタイトルもできるようになります

バイオハザードヴィレッジや

バイオハザード4リメイクも
実施可能で、

年末までにはアプリのタイトルとして登場するようです。

カメラ

48MPカメラを進化させ、

より大きなセンサーを搭載。

また、ポートレートとナイトモードの

低照度での機能向上されてます。

48MP HEIFの撮影も可能で、

以前の4倍の解像度になるとのこと。

次世代ポートレートも搭載で、

低照度での性能が2倍に向上。

望遠機能では、

77mmの3倍望遠カメラを搭載。

ProMaxには、

120mmの5倍光学ズームを搭載

14ProMaxと比べて、

センサーが25%拡大し最大の明るさに

微調整がiPhone14Proの2倍で、

手ぶれ補正を大きく強化

超広角カメラも強化されてます。

価格は昨年と変わらず、

Proでは999ドル(159,800円(税込))からです。

カラーは4種類です。

ゴールド系・ブルー・ホワイト・ブラック

14Proモデルとの比較

モデルiPhone15 ProiPhone14 Pro
ボディ6.1インチ
チタニウム
6.1インチ
ステンレススチール
通信5G
4×4 MIMO対応5G(sub-6 GHz)
Wi‑Fi 6E
第2世代の超広帯域チップ
Threadネットワークテクノロジー
5G
4×4 MIMO対応5G(sub-6 GHz)
Wi‑Fi 6
超広帯域チップ
性能
(カメラ)
48MPメインカメラ
(12MP超広角、12MP望遠)
望遠:ƒ/2.8 絞り値
メイン:ƒ/1.78 絞り値
超広角:ƒ/2.2 絞り値
48MPメインカメラ
(12MP超広角、12MP望遠)
望遠:ƒ/2.8 絞り値
メイン:ƒ/1.78 絞り値
超広角:ƒ/2.2 絞り値
機能
(カメラ)
・Photonic Engine
・Deep Fusion
・超高解像度の写真(24MPと48MP)
・写真のスマートHDR 5
・次世代ポートレート
(フォーカス機能と被写界深度コントロール)
最大4K、60fpsのProResビデオ撮影
(外部ストレージでの記録時)
・Logビデオ撮影
・アカデミーカラーエンコーディングシステム
・Photonic Engine
・Deep Fusion
・超高解像度の写真(48MP)
・写真のスマートHDR 4
・ポートレート
(フォーカス機能と被写界深度コントロール)
・最大4K、30fpsのProResビデオ撮影
チップA17 Bionicチップ
6コアCPU
6コアGPU
16コアNeural Engine
A16 Bionic
6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
ビデオ再生最大23時間最大23時間
音楽再生最大75時間最大75時間
容量128,256,512GB,1T128,256,512GB,1T
ディスプレイ2,556 x 1,179ピクセル
Super Retina XDRディスプレイ
ProMotion搭載
常時表示ディスプレイ
2,556 x 1,179ピクセル
Super Retina XDRディスプレイ
ProMotion搭載
常時表示ディスプレイ
15Proで追加機能・アクションボタン
・USB-C
USB 3(最大10Gb/s)に対応
サイズ
重量
チタニウムフレーム項目参照

14ProMaxモデルとの比較

モデルiPhone15 ProMaxiPhone14 ProMax
ボディ6.7インチ
チタニウム
6.7インチ
ステンレススチール
通信5G
4×4 MIMO対応5G(sub-6 GHz)
Wi‑Fi 6E
第2世代の超広帯域チップ
Threadネットワークテクノロジー
5G
4×4 MIMO対応5G(sub-6 GHz)
Wi‑Fi 6
超広帯域チップ
性能
(カメラ)
48MPメインカメラ
(12MP超広角、12MP望遠)
望遠:ƒ/2.8 絞り値
メイン:ƒ/1.78 絞り値
超広角:ƒ/2.2 絞り値
0.5倍、1倍、2倍、5倍の光学ズーム
48MPメインカメラ
(12MP超広角、12MP望遠)
望遠:ƒ/2.8 絞り値
メイン:ƒ/1.78 絞り値
超広角:ƒ/2.2 絞り値
0.5倍、1倍、2倍、3倍の光学ズーム
機能
(カメラ)
・Photonic Engine
・Deep Fusion
・超高解像度の写真(24MPと48MP)
・写真のスマートHDR 5
・次世代ポートレート
(フォーカス機能と被写界深度コントロール)
最大4K、60fpsのProResビデオ撮影
(外部ストレージでの記録時)
・Logビデオ撮影
・アカデミーカラーエンコーディングシステム
・Photonic Engine
・Deep Fusion
・超高解像度の写真(48MP)
・写真のスマートHDR 4
・ポートレート
(フォーカス機能と被写界深度コントロール)
・最大4K、30fpsのProResビデオ撮影
チップA17 Bionicチップ
6コアCPU
6コアGPU
16コアNeural Engine
A16 Bionic
6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
ビデオ再生最大29時間最大29時間
音楽再生最大95時間最大95時間
容量128,256,512GB,1T128,256,512GB,1T
ディスプレイ2,796 x 1,290ピクセル
Super Retina XDRディスプレイ
ProMotion搭載
常時表示ディスプレイ
2,796 x 1,290ピクセル
Super Retina XDRディスプレイ
ProMotion搭載
常時表示ディスプレイ
15ProMaxで追加機能・アクションボタン
・USB-C
USB 3(最大10Gb/s)に対応
サイズ
重量
チタニウムフレーム項目参照

Proシリーズでは3ナノのチップの進化が大きいですね。

処理の高速化でより複雑処理も
可能になってます。

またチタニウムで

より頑丈なモデルになってたり、

アクションボタンの搭載が
目立ってました。

地味な変化としては、

ProシリーズではWi-Fi6E対応
なってますね。

Threadネットワークテクノロジー

今回追加されていましたが、

Threadネットワークは、

低消費デバイスとで低遅延に
設計されたネットワークで、

主にスマートホームなどの通信で
活用されてるものです。

今後のスマートホームとの連携で
使用されるのかなと。

スポンサーリンク

価格比較と最安値は?

iPhone15シリーズは
公式サイトのみなので、

また更新され次第、

キャリア価格追記します。

追記:価格公開されました(9/15)

価格一覧

15日から予約開始で22日発売とのこと。

※下記は一括払いの価格です。
※2023/9/15時点の価格です。

iPhone14シリーズの価格比較
Apple Watchシリーズ9の価格比較

iPhone15

容量128GB256GB512GB
楽天モバイル140,800円161,800円199,800円
ソフトバンク145,440円166,320円206,640円
au145,640円166,780円206,930円
NTTドコモ149,490円172,040円212,300円
公式サイト124,800円139,800円169,800円

iPhone15Plus

容量128GB256GB512GB
楽天モバイル156,800円178,800円218,900円
ソフトバンク163,440円184,320円224,640円
au163,490円184,850円225,360円
NTTドコモ168,740円190,080円230,890円
公式サイト139,800円154,800円184,800円

iPhone15Pro

容量128GB256GB512GB1TB
楽天モバイル179,800円205,800円240,900円276,800円
ソフトバンク185,760円211,680円248,400円285,120円
au185,860円211,930円248,560円285,420円
NTTドコモ192,060円218,790円255,090円291,830円
公式サイト159,800円174,800円204,800円234,800円

iPhone15ProMax

容量256GB512GB1TB
楽天モバイル224,800円260,800円288,800円
ソフトバンク229,680円266,400円293,040円
au230,360円267,100円303,850円
NTTドコモ236,940円273,680円305,910円
公式サイト189,800円219,800円249,800円
  • 最安値はApple公式サイト
  • キャリアでは楽天モバイルが最安値

とiPhone14時と同じ感じですね。

一括購入するなら、

公式サイトなら楽天リーベイツ経由で

楽天ポイントもらうのがお得です。

リーベイツお友達紹介キャンペーン

楽天モバイルでは、

楽天モバイル公式 楽天市場店での購入で、

ポイント還元するのがお得です。

私の倍率でも1万近くポイント還元ありますね。

特定日を狙えば最安値になるかもです。

主な特定日について

お得に購入する方法は

前回記事でも紹介してますので
以下も参照してもらえれば。

価格は前モデルと一緒ですが、

ProMaxでau/ドコモで、

30万超えちゃいますね。

良いPC買える値段ですね

前モデルのiPhone14も
安くなるので、

選択肢に入れても良いかもです。

価格が改訂されてますので、要チェック
スポンサーリンク

まとめ・感想

タイプCが出ることは
予想されていましたが、

サプライズ感はなかったです

進化でいえば、

ハードウェア側でチップの性能は
良くなってますね。

Proモデルは軽量化され、

性能も良くなってるので良さげですね。

とにかくカメラが大事!
ゲームをいっぱいする!
軽いのが良い!
⇒15Proシリーズ

それ以外なら、
過去シリーズも十分のスペックなので、
iPhone15以外も価格で検討すればよいかと。

タイプC一択なら、
iPhone15シリーズの購入です。

私的にはどうしてもほしい!
という機能もなく、

iPhone13miniでも全然事足りてるので、

今回はスルーです。

今回は15シリーズの紹介を
させていただきました。

AppleWatchの発表もありましたので、

その辺りも別記事で
紹介させていただきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tkg
tkg

当サイトの運営者。
普段はIT系で運用保守のお仕事してます。
趣味でブログを始めるにあたって、
家電・ガジェット・機械・お金の話など、ジャンルに囚われずに筆者自身、または周りが経験したものを紹介やレビューしていきます。

tkgをフォローする
tkgをフォローする
Experienced things ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました